独自ドメイン取得について

関連情報

新gTLDが6つ登場 - 「.ENERGY」など
... 汎用トップレベルドメイン(gTLD; generic top-level domain) 6個がルートゾーンに追加されたと伝えた。追加された汎用トップレベルドメインは次のとおり。・.SYDNEY・.BLOOMBERG・.ENERGY ...
与野党7党で「18歳選挙権法案」を衆議院に提出。若者はその先のワカモノマニフェストを総選挙にぶつけろ
... 「02 世代別選挙区制度とドメイン投票の導入、選挙権を16歳・被選挙権を成人年齢へ年齢引き下げ」、「03 SNS等ICTを活用したオープンガバメントや直接参画の仕組みの構築と ...
インターリンク、「.moe」「.osaka」の次は、地球規模の新ドメイン「.earth」
... インターリンクが2009年に実施したコンテスト「World Domain Cup」によって選ばれた文字列だ。「使いたいドメイン」を世界から募集し、寄せられた1万1000種類の文字列の中から ...
TLSの普及へサーバ証明書を無料発行、MozillaやCiscoが認証局を創設
... Let's Encryptのサービスでは誰でもワンクリックで簡単に自分のドメイン用のベーシックなサーバ証明書を入手して実装できるようにする。 証明書の発行は無料。 ...
延期していたセキュリティ情報1件を公開、悪用も確認(日本マイクロソフト)
... この脆弱性は、攻撃者が特権のないドメインユーザアカウントの特権からドメイン管理者アカウントに特権を昇格することが可能になるもの。脆弱性を悪用するには ...
証明書を無料で発行、HTTPSの導入を支援する「Let's Encrypt」2015年夏開始
... ドメイン名の所有者に対して無料でサーバー証明書を発行する取り組み「Let's Encrypt」を発表 ... Let's Encryptでは、認証局としてドメイン所有者に無料のサーバー証明書を発行 ...
NRIセキュア、400種類以上の情報機器に対応したセキュリティログ監視サービス
... グローバルなサイバーセキュリティ対策を支援できる。 なお価格例として、ファイアウォール(小)が1台、Windowsドメインコントローラ(小)が1台を監視する場合で ...
無料で容易なHTTPS導入を支援する「Let's Encrypt」、2015年に運用開始へ
... 自らのドメイン向けに基本的なサーバ証明書を利用できるようにする」と、運営を担当するInternet Security ... こうしたドメインは、2015年第2四半期に利用可能になるはずだという ...
MS、公開を延期していた“緊急”の修正パッチ「MS14-068」を定例外で公開
... 攻撃者は特権のないドメインユーザーアカウントから、ドメイン管理者アカウントに特権を昇格することが可能になる。ドメインコントローラーを含むドメイン内のPCを侵害 ...
MS、公開を延期していた“緊急”の修正パッチ「MS14-068」を定例外で公開
... 攻撃者は特権のないドメインユーザーアカウントから、ドメイン管理者アカウントに特権を昇格することが可能になる。ドメインコントローラーを含むドメイン内のPCを侵害 ...

メニュー